ヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシの違いは値段以外に何?気になる点を徹底調査

スカルプリフト 電気バリ比較 エイジングケア

今話題の低周波美顔器のヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシ。

家庭でも手軽にケアでき、タルミやもたつきにアプローチできるのが良い点です。

類似品と言われるヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシの違いを徹底比較してきました!

この2つの低周波美顔器には違いが10つもあったので調査結果を発表します!

  • 値段
  • 充電時間
  • 連続使用時間
  • 防水機能
  • 低周波
  • マイクロカレント
  • バイブレーション
  • アタッチメント、電極ピンの数
  • 刺激周期
  • 強さレベル

類似品と言われているのに、違いがこんなにたくさんあります。

1つずつ順番にご紹介していきます!

 

ミーゼスカルプリフトの公式サイトはこちら
↓↓↓
美容家電メーカーのヤーマンによるEMS型美顔器_スカルプリフト

ヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシの違いを徹底比較

値段

ミーゼスカルプリフト

電気バリブラシ

値段

33,000(税込)

198,000(税込)

まず大きく違うのは一目で分かる値段です。

ヤーマンスカルプリフトの価格が電気バリブラシと比べると安いので「本当に効果がある?」と不安になる方が多いです。

しかし、口コミでは高評価の嵐となっています。

「ビフォアフターでこんなにも違うの?!」と驚きの声がたくさんです。

価格だけで性能が劣っているとは限らないので、他の違いもご覧ください!

充電時間

ヤーマンスカルプリフト

電気バリブラシ

充電時間

180

90

連続使用時間

ヤーマンスカルプリフト

電気バリブラシ

連続使用時間

30

300

大きく差が出るのは充電時間と連続使用時間にもいえます。

充電時間に対し、ヤーマンスカルプリフトの稼働時間は短いです。

公式では1回の使用は10分程度といわれているので問題はありませんが、翌日も使うとなると充電が必要になります。

電気バリブラシはヤーマンスカルプリフトの半分の時間で充電し、さらに10倍もの時間使うことができます。

ゆっくりケアしたい方には焦る必要がないのでオススメです。

防水機能

ヤーマンスカルプリフト

電気バリブラシ

防水機能

あり(防滴機能)

なし

選ぶときに重要となるのが自分のライフスタイルにあっているかどうか、です。

ヤーマンスカルプリフトには防滴機能がついています。

防水ではないので浴槽に沈めたりはできませんが、お風呂中に使用することができます。

一方、電気バリブラシは少量の水のみ可能で防水機能はありません。

顔をケアするときも化粧水やクリームは故障の原因ともなるので、素顔で使用するようにかかれています。

その点ヤーマンスカルプリフトはクリームを塗った顔の上からでも使用OK

アタッチメントも水洗いできるのでお手入れの楽さにも優れています。

低周波振動、マイクロカレント、バイブレーション

ヤーマンスカルプリフト

電気バリブラシ

低周波振動数

7,000/

60,000/

マイクロカレント

あり

なし

バイブレーション

あり

なし

ピリピリとした刺激を感じる低周波振動。

類似品と言われていますが実はアプローチの仕方が全く同じというわけではありません。

ヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシは低周波振動数だけみてみると、まったくその振動数が違います!

しかし、ヤーマンスカルプリフトには低周波振動だけでなくマイクロカレントやバイブレーションもついています。

マイクロカレントは微弱な電流で、アスリートの治療や、最近ではエステなどで美容機器としても使われています。

低周波と組み合わせることでさらなるアプローチができるようになっています。

アタッチメント、電極ピンの数

ヤーマンスカルプリフト

    

電気バリブラシ

電気バリブラシ

電極ピンの数

頭皮12/22

32

 

電極ピンはその先から低周波の電流を放出します。

ピンの本数が多いほど効率的にケアできますが、それだけ刺激も強くなります。

ミーゼスカルプリフトは頭皮が12本のピン、顔が22本のピンとアタッチメントが2種ついています。

本数が違うだけでなくピンの長さや、材質もそれぞれ違う特徴をもっているのです。

頭皮用は固く長めのピンになりますが、顔用はシリコン製で頭皮用よりも短いピンとなっています。

刺激周期、強さレベル

ヤーマンスカルプリフト

電気バリブラシ

刺激周期

なし

14段階

強さレベル

13段階

14段階

電力ピンの数の違いや、低周波振動数が違うので同じ強さレベルにしても感じる刺激は電気バリブラシのほうが強いです。

刺激周期は電気バリブラシのみについている機能ですが、低周波の波を速くしたり、遅くしたりする機能です。

ヤーマンスカルプリフトには強さを変えることはできても、周期は変えることができません。

ヤーマンスカルプリフトはこんな人におすすめ

ヤーマンスカルプリフト

  • 初期コストを抑えたい方
  • 忙しくてケアに時間をあまりかけられない方
  • ピリピリした痛みが苦手な方
  • 機械の手入れをさっと済ませたい方

ヤーマンスカルプリフトがオススメなのは忙しい人です!

美容にも力を入れたいけど、仕事や子育てなどで時間をとりにくい方に適しています。

お風呂でついでに使えるのが大きなメリットですし、アタッチメントを洗うことができるので時間もとられません。

また、アプローチが低周波振動だけではないので、痛みに弱かったりピリピリする感覚が苦手な方にも向いています。

電気バリブラシはこんな人におすすめ

電気バリブラシ

  • 即効性を求める方
  • ケアの時間をたっぷりかけられる方
  • ピリピリした痛みに実感を覚える方
  • 頭皮や顔以外もケアしたい方

電気バリブラシがオススメなのは低周波の刺激を好ましく思う方でしょう。

即効性もあるとのことですが、低周波美顔器は続けて使うことによってより良いアプローチができます。

防水加工がないのでケアの時間を十分にとることが出来る方のほうが合っています。

300時間も使用できるので、頭皮や顔だけでなくボディにもケアしたいと考えている人にも向きでもあるでしょう。

ヤーマン スカルプリフト 電気バリブラシ 違いのまとめ

違いを比較

違いを比べてみましたが、続けて使っているとそのビフォーアフターにはさほど変わりがないことが分かっています。

最後に大きな違いをまとめてみました。

  • 値段
  • お風呂場で使えるか
  • アプローチの仕方
  • 連続使用時間

これらがヤーマンスカルプリフトと電気バリブラシの大きな違いです!

一概にどちらが優れているかは決められません。

それぞれのライフスタイルに合ったものを選んで、続けていくことが大切です!

さて、あなたに合ったのはどちらの美容家電だったでしょうか?

 

ミーゼスカルプリフトの公式サイトはこちら
↓↓↓
美容家電メーカーのヤーマンによるEMS型美顔器_スカルプリフト

ミーゼスカルプリフトの口コミはこちら
↓↓↓
ミーゼスカルプリフトの口コミは?口コミから分かったことはズバリ○○

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました