ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の特徴は?ティファール電気圧力鍋の凄さを徹底確認(新旧比較も)

T-falティファール

2021年7月15日(木)のラヴィット「ラビットランキング」特別編で、2021年上半期 ヒット商品 キッチン用品部門第3位として紹介されました。

炒め・蒸す・煮る・圧力など16種類の調理モードが特徴のラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)。

そんなラクラクッカープラスの特徴は、

  1. 電気圧力鍋では珍しい、ベイク機能(パンが焼ける)
  2. 短時間でおいしく仕上げる
  3. ムラなく熱が伝わる鍋の形状で、料理もお米もおいしく調理
  4. 保温・再加熱・予約が出来る
  5. ボタンが少なく、操作しやすい
  6. コンパクトボディ
  7. 105のレシピブック付き

ほったらかし・時短調理はもちろんのこと、低温調理や圧力調理で本格的な料理を作ることが出来るので、毎日の食事がますます楽しくなりそうです。

この記事では、ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の詳しい特徴や凄さ、旧型(CY3501J)との比較、レシピについてまとめました。

是非最後までご覧ください。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の特徴

電気圧力鍋といえば、煮るなど使う場面が限定的でしたが、ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)はそれ以外の用途にも大活躍します。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の特徴は7つあります。

①電気圧力鍋では珍しい、ベイク機能(パンが焼ける)
②短時間でおいしく仕上げる
③ムラなく熱が伝わる鍋の形状で、料理もお米もおいしく調理
④保温・再加熱・予約が出来る
⑤ボタンが少なく、操作しやすい
⑥コンパクトボディ
⑦105のレシピブック付き

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

 

①電気圧力鍋では珍しい、ベイク機能(パンが焼ける)

実はベイク機能がある電気圧力鍋は非常に珍しいです。

メーカーホームページに「ベイク機能あり」とはっきり記載されている電気圧力鍋は、

・ティファールラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)

・アイリスオーヤマ電気圧力鍋(PMPC-MA4)

の2つのみでした。

 

ティファールから出ている、もう一つの電気圧力鍋ラクラ・クッカー(CY3511JP)や、旧モデル(CY3501J) にはない機能です。

 

発酵モードでパン生地を作った後、そのままパンを焼くことまで出来るので便利です。

 

パンを焼きたいけれど、ホームベーカリーを買うのに悩んでいる方にもオススメです。

②短時間でおいしく仕上げる

圧力調理をすると、密閉されたお鍋の中で調理されるため、水分を逃すことなく、食材の旨味と栄養をギュッと詰めこんだまま美味しく調理することができます。

食材本来の甘さが出てくるので、調味料が少なく済むので、健康にも良いです。

 

時間がかかって諦めていた煮込み料理も、ほったらかしで出来上がります。

キッチンに立つ時間は短く、味は美味しく、良いことだらけです。

 

③ムラなく熱が伝わる鍋の形状で、料理もお米もおいしく調理

料理はもちろん、特にお米はの炊飯では、均一に熱が伝わることが非常に重要です。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)では、特殊な鍋の形状で、ムラなく熱を伝えることができます。

 

④保温・再加熱・予約が出来る

最大24時間の保温が可能で、温め直しもできます。

ご家族で、子供とお父さんの帰りの時間がズレてしまい、どうしても食事が冷めてしまう、といった悩みも解決しそうです。

予約もできるから、習い事のお迎えに行く前にセットして、帰宅したらご飯が出来ている、なんてことも出来そうです。

 

⑤ボタンが少なく、操作しやすい

 

一般的に電気圧力鍋は、ボタンが大量にあることが多いです。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)はタッチパネル式です。

 

シンプルですし、直感的に操作ができるので、機械が苦手な方にもおすすめです。

⑥コンパクトボディ

電気圧力鍋って、大きくてかさばるという印象があると思います。

その中でも、ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)は数ある電気圧力鍋の中でも、かなりコンパクトです。

 

コンパクトなのに、4人分の料理がしっかり作れる優れモノです。

 

⑦105のレシピブック付き

買ったはいいけど使いこなせない・・・という悩みを解決します。

 

和洋中のおかずはもちろん、ご飯やスイーツ、パン等、幅広いジャンルの料理レシピが掲載されています。

 

ティファールラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJPとCY3501JP)の違いは?

 

ティファールラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)には、ベイク機能がありますが、ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋 CY3501JPにはありません。

 

 

詳しく比較をしていきましょう。

 

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)
ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋 (CY3501JP)
本体サイズ 幅×長さ×高さ (cm) 26.0×28.5×28.3 26.0×28.5×28.3
重さ 約4.2kg 約4.2kg
圧力調理 一定:70kPa 一定:70kPa
調理モード 8つの 調理モード

圧力調理・蒸す・煮る・炒める・低温調理
追加機能:無水、発酵、ベイク

5つの調理モード

圧力調理・蒸す・煮る・炒める・低温調理

炊飯モード 4種類の炊飯モード

白米・玄米・餅米、お粥

2つの炊飯モード
白米、玄米
レシピモード カレー・角煮・豆類・なべ カレー・角煮・肉じゃが
容量 2~4人分に最適な3L 2~4人分に最適な3L
自動保温 調理後は最大24時間の自動保温

*炒め、低温、発酵、ベイク を除く。

調理後は最大24時間の自動保温

*炒める・低温調理・保温除く

予約調理 最大12時間の予約調理が可能

*炒め、低温、発酵、ベイク、保温を除く。

予約調理

最大12時間の予約調理が可能

*炒める・低温調理・保温除く

レシピブック 105レシピ 50レシピ

 

本体とサイズ・重さの違い

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)とラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋 (CY3501JP)では、いずれも
・サイズ 26.0×28.5×28.3cm

・重さ 約4.2kg

・容量 2~4人分に最適な3L

と、違いはありませんでした。

圧力調理の能力の違い

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)とラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)では、いずれも、一定:70kPaでした。

 

圧力調理の機能には差がありません。

 

通常の鍋よりも高温で調理をするので、普通のお鍋で料理するよりも、調理時間が最大1/3まで時短できるそうです。

 

調理モードの違い

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)では、調理モードが8つあります。

 

ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)では、5つです。

 

圧力調理・蒸す・煮る・炒める・低温調理の5つの機能があれば、電気調理器としては基本的なことが出来ます。

 

炒める機能があること自体、電気調理器の中では珍しいです。

炒める機能があることで、野菜を炒めてから、そのまま水を加えて煮込み料理にする、なんてことができます。

 

洗い物の削減にも繋がりそうですね。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)では、先ほどの5つの機能に加えて、無水、発酵、ベイク機能が追加されています。

無水調理は素材の旨味を引き出すので、調味料が少なくて済むと言った特徴があります。

健康に気をつかっている方にはおすすめの機能です。

 

また、発酵ベイク機能を使うことで、ホームベーカリーとして楽しむことが出来ます。

・ホームベーカリーを買いたいけど、キッチンが狭く、置く場所がなくて困っている

・ホームベーカリーを買いたいけど、途中で飽きたらどうしようと思って購入を悩んでいる

このような方には、この機能を活用してみてはいかがでしょうか。

 

もしも、ホームベーカリーとして使わなくなっても、電気圧力鍋として使い続けられるので安心してチャレンジできます。

レシピモードの違い

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)とラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)は、いずれもマニュアル調理タイプです。

 

レシピブックを見ながら、分数やモードを手動で設定していくといった仕様です。

設定をするのに少し手間がかかるため、良く使うであるレシピは、あらかじめボタン1つで設定が出来るようになっています。

 

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)はカレー・角煮・豆類・なべの4レシピが用意されています。

ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)は、カレー・角煮・肉じゃがの3レシピが登録されています。

 

それぞれのレシピの料理をする頻度を考えると、冬場はお鍋が増えることが多いので、ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)のなべ機能が活躍しそうです。

 

レシピ数の違い

レシピ数は大きな違いがあります。

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)では105レシピが掲載されたレシピブックが付属品として付いてきます。

 

ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)では50レシピだったので、倍以上です。

料理のレパートリーがグッと広がります。

CY352AJPとCY3501JPで迷ったときは?

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)と、ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)でどちらを買うか迷った場合は、

 

・ホームベーカリー機能を使ってみたい方

・レシピ数をより充実させたい方

・CY3501JPと同じサイズだったら多機能な方が良い方

はラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)を買うのがおすすめです。

 

・ホームベーカリー機能はいらない方

・基本的な調理が出来れば良い方

・旧モデルを安く購入したい方

は、ラクラ・クッカー コンパクト電気圧力鍋(CY3501JP)を購入することがおすすめです。

 

 

ティファールラクラ・クッカープラスコンパクトのレシピは?

無水調理

 

水を入れないで、食材自体に含まれる水分・油分と、最小限の調味料を仕様するメニューです。

・ビーフストロガノフ

・ミートソース

・たこのトマト煮込み

・魚介のと野菜のガーリック風

などがあります。

 

発酵

パンの発酵はもちろん、チーズや甘酒、ヨーグルトなどが出来ます。

手作りで作ったことがない料理が出来ます。

・パン生地の発酵

・クリームチーズ

・塩こうじ

・甘酒

・ヨーグルト

などがありました。

 

ベイク

発酵させたパン生地に、具材をまぜ、形を作ることで、簡単にパンやケーキが作れます。オーブンよりも低温で焼くので、ふんわり・モチモチのパンやケーキが焼けるそうです。

・ソーセージチーズパン

・メロンパン

・ピザパン

・スポンジケーキ

などのレシピが紹介されていました。

子供が喜びそうなメニューが満載です。

 

圧力調理

 

・ぶり大根

・ポトフ

・たこの柔らか煮

・筑前煮

・大学芋

どれも時間のかかる料理ですが、圧力調理機能を利用することで、時短に。

ぶり大根は約8分で完成します。

 

蒸し料理

・しゅうまい

・茶碗蒸し

・プリン

などが紹介されています。

蒸し台が付属でついてくるのも嬉しいポイントです。

 

炒め料理

フタを開けたまま、炒めものができます。

・ガーリックシュリンプ

・牛肉とパプリカのオイスター炒め

・チャーハン

・きんぴらごぼう

フライパンいらずで、調理が出来ます。

 

煮る

 

・白鱈の洋風煮込み

・牛肉のしぐれ煮

・煮込みハンバーグ

・クラムチャウダー

100℃以下でじっくり温めてくれるので、食材を焦がす心配がありません。

食材が焦げてホワイトシチューが台無し…といった失敗もなくなりそうです。

 

低温調理

<画像15.png>

素材の栄養素を壊すことなく、食材を柔らかく調理する低温調理ができます。

・ローストビーフ

・骨付きもも肉のハーブコンフィ

・鶏ハム

・おぼろ豆腐

などのレシピが用意されています。

どれも外食でしか食べたことがないという方も多いのでは。

平日の忙しい時間は圧力調理、休日は本格的な低温調理のディナーなどと使い分けることで、普段のおうちごはんが充実しそうですね。

 

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の特徴まとめ

 

ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)の大きな特徴は、

  1. 電気圧力鍋では珍しい、ベイク機能(パンが焼ける)
  2. 短時間でおいしく仕上げる
  3. ムラなく熱が伝わる鍋の形状で、料理もお米もおいしく調理
  4. 保温・再加熱・予約が出来る
  5. ボタンが少なく、操作しやすい
  6. コンパクトボディ
  7. 105のレシピブック付き

です。

 

その他の特徴では、

  • 操作しやすいタッチパネル
  • 保温・予約機能

など、利用者が嬉しい細やかな気遣いがされている点がとても嬉しいですね。

 

また、新旧比較をすると、

  • レシピ数
  • ベイク機能の追加

など、大きな変化がみられました。

サイズは変わらず、機能がグレードアップしていました。

以上、ラクラ・クッカープラスコンパクト(CY352AJP)についてまとめましたがいかがだったでしょうか。

購入するか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

 

 

 

T-falティファール調理器具
メルをフォローする
スポンサーリンク
買い物マニア

コメント

タイトルとURLをコピーしました