水出しコーヒーを実際に作ってみた!USB充電式水出しポット(CB01)の実力徹底確認

キッチン・調理家電

水出しコーヒーはめんどう、そんな手間を一気に省いてくれた、USB充電式水出しポット(CB01)を実際に使ってみました。

この記事では、実際にUSB充電式水出しポット(CB01)を使った感想や使い方についてお伝えします。

ぜひ最後までお読みください。

 

先に公式サイトを確認したい人はこちら
⇓⇓⇓

公式サイトはここをクリック

 

USB充電式水出しポット(CB01)が自宅に届きました

USB充電式水出しポット(CB01)が自宅に届きました。

このような箱に入っています
箱の裏面になります
本体以外に充電用のUSBケーブル、取扱説明書が入っています。
衝撃財もきちんと入っていますが、ガラス製なので取り扱いには注意しましょう。
ガラス瓶と、水出し抽出用のセンター芯になります

 

USB充電式水出しポット(CB01)の使い方を実践しました

<使い方>

①コーヒー粉を入れる

 

 

フィルターが底にあることを確認しましょう

コーヒーの粉を入れます。目分量ではなく、スケールではかりましょう。

本体のコーヒーカップを回して外し、コーヒー粉を入れます。

出来上がり600mlあたり、コーヒー粉は約40gが目安です。

②氷を入れる

透明の容器に氷を入れます

その下にコーヒー豆がセットできます

氷カップの三分の二程度氷を入れ、コーヒーカップと合わせて本体にセットします。

③ガラスサーバーに水を入れる

電源と氷とコーヒー豆をセットします

ガラスサーバーに400~600mlの水を入れます。

この時、お湯ではなく必ず常温の水を入れてください。

④本体をガラスサーバーと合わせる

パッキンがしっかり閉まるまで、本体をガラスサーバーに差し込みます。

本体をひっくり返すと、こんな感じです
パッキンがついていることを確認しましょう。

本体を差し込むと水の量が600mlを超える場合がありますが、心配ありません。

⑤抽出時間を選択する

電源を入れます。抽出時間をセットします。

※ボタンは押すのではなく、
手でマークを隠すように軽く触れると
ONになります。
(光センサースイッチのような感じです)

①右の電源ボタンを押す
②左のマークで時間設定
③右の電源ボタンを押すとスタート

※下の矢印はカスタム設定になります。

水が吸い込まれ、コーヒー豆と氷のエリアを通り、また戻っていきます。

それが何度も繰り返されます。

電源を入れ、15/30/45分のいずれかか、カスタムモードで好みの抽出時間を選択します。

抽出を開始するとLEDディスプレイに残りの時間が表示され、抽出が終わると自動で運転を停止します。

⑥本体を取り出す

完成しました

本体を取り付けたまま注ぐとこぼれる恐れがあるため、注ぐ際は本体を外します。

水出しコーヒーの出来上がり♪

 

このように、通常は8時間以上かかる水出しコーヒーが、わずか15分程度で完成しました。

氷で冷やされていますが、冷蔵庫に入れて冷えているようなキンキン感はありませんでした。

USB充電式水出しポット(CB01) まとめ

USB充電式水出しポット(CB01) について、実際に使ってみた感想をお伝えしました。

水出しコーヒーは、なかなか飲む機会がありませんでしたが、わずか15分で作れるので自宅でも気軽に飲めるようになりました。

 

普通のコーヒー豆では、粉が細かすぎてフィルターからこぼれて粉が沈殿してしまいます。

コーヒー豆は、あらびきタイプがおいしいと思います。

粉もこぼれないし、味が濃く感じました。

サイフォンで作るより、やや味が薄いと感じました。

ご興味がある方は、一度公式サイトをご確認ください。

⇓⇓⇓

【公式サイト】充電式の水出しポット

コメント

タイトルとURLをコピーしました