卓上クーラーここひえR4の口コミは?旧機種R3との違いも徹底比較!便利なパーソナルクーラーを使おう

夏の暑さ対策

「持ち運びができるクーラー」と話題の卓上クーラーここひえR4。

ここひえR4はここひえシリーズの2022年モデルになります。

どこにでも持ち運べる手軽さで、気になっている方が多いのではないでしょうか。

口コミには

  • 水の減りが早い
  • よく冷える、風が涼しい
  • 持ち運びがしやすく便利
  • 音が静か

 

などが多くありました。

 

旧機種のここひえR3との大きな違いは6つあります。

 

静音性
風速
節電
連続使用時間
2段階首振り機能
抗菌フィルターの性能

 

 

エアコンでは冷え過ぎでつらくありませんか?

扇風機では大きくて移動させるのが手間ではありませんか?

赤ちゃんがいるけど寝冷えしないか心配ではありませんか?

 

涼しくしたいけど、融通が利かない…。

そんなときに一役かってくれること間違いなしの「ここひえR4」。

 

この記事では、ここひえR4の口コミや特徴と使い方を詳しく紹介します。

また、旧機種のR3との比較もします。

旧機種を持っていて、買い替えを検討している方も必見です。

 

記事の最後には、ここひえR4がどんな人にオススメかもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

卓上クーラーここひえR4の口コミについてまとめました

 

ここでは、卓上クーラーここひえR4の低評価と高評価の口コミをまとめています。

また、旧機種のR3の口コミもまとめました。

新旧の口コミをもとに、商品の考察をしていますので、ぜひ参考にしてください。

 

卓上クーラーここひえR4の低評価の口コミは?

 

★★★☆☆

届いたので早速試してみています。

従来のここひえと比べると、風量最大にしてもたしかに音が静かです。

風速もアップしたかも。

ただ、真夏の強烈な暑さに耐えられるか?は不安です笑

★追記です

心配していた水の量がMaxだと減るのが早すぎます!(泣)

超短時間で激減し過ぎです。。。

出典:楽天市場

卓上クーラーここひえR4の高評価の口コミは?

★★★★★ 40代 男性

以前のここひえのモデルのクチコミで、若干心配しておりましたが、この新型は、冷えます^ ^

サーキュレーターと、比べても、かなり温度が低いです!

買って、正解でした^ ^

出典:楽天市場

 

★★★★★ 40代 男性

こんなに小さいのに、けっこう涼しいです。

持ち運びに便利だし、アウトドアに使えるのは魅力です。

冷やした水を入れればもっと涼しくなり、フィルターを濡らして凍らせれば、更に涼しいので、夏場は重宝しそうです。

ここひえが届いた当日は少し肌寒かったのですが、運動した後に使ったら良い感じでした。

出典:楽天市場

 

★★★★★ 50代 男性

あまり冷えるのを期待してなかったですが、本日群馬高崎は35℃。

早速使ってみました。

今PCの傍で稼働してますが涼しいです。

部分的に冷やすのは大変良いと思います。

今後車中泊にも使用してみたいと思います。

出典:楽天市場

 

低評価の口コミには「水の減り方が早い」とありました。

タンク容量は600mlですが、風量をMaxで使用すると減りが早いようです。

小まめに水替えをしないといけないのはデメリットです。

風量Maxで頻繁に使用する可能性がある方には、あまりオススメできません。

 

高評価は「涼しい」「よく冷える」という口コミが多くありました。

ここひえシリーズの中でも、今回のR4は涼しさがさらにUP。

年々気温も高くなってきていて、どうやって夏を乗り切るか悩んでしまいます。

そんなときに、ここひえR4は重宝すること間違いなしです。

 

また、「静か」という口コミもありました。

旧機種のここひえR3は「音がうるさい」という口コミが非常に多かったです。

よって、ここひえR4は問題だった静音性が改善されていることがわかります。

寝室で使用されたい方も、今回のここひえR4はオススメです。

 

「持ち運びがラク」という口コミもありました。

ここひえシリーズは卓上クーラーなので、コンパクトなサイズが魅力の一つ。

どんな場所にでも置けるのは助かります。

 

ここひえR4はまだ発売されたばかり(2022年6月現在)のため、まだ口コミが多くありませんでした。

これから暑くなるにつれて、購入される機会が増え、口コミも増えると思われます。

 

そこで、今回は旧機種のここひえR3の口コミも確認しておきたいと思います。

後ほどここひえR3とR4の比較も行うので、口コミもぜひ参考にしてみてください。

卓上クーラーここひえR3の低評価の口コミは?

 

★☆☆☆☆ 20代 男性

不満の点は2つ。一つは音がうるさいです。

夜寝るときに使ったら、ファンの音が多すぎて全く眠れなかった。

他に、動画やテレビを見るときに使っても、動画音声の邪魔になっていました。

二つ目は風量が弱いです。

最大にしても近づかないと、全然風を感じられません。

近くすると、また騒音でイライラしてしまう。

出典:ショップジャパン

 

★☆☆☆☆ 30代 女性 <抜粋>

扇風機と変わりません。

全く風は冷たくないです。

期待していただけに残念でなりません。

広告が過剰すぎ。

ドライヤーしているときに汗かきたくなくて購入したのに扇風機のほうが全然涼しいです。

この値段なら普通に扇風機買ったほうが全然いいです。

出典:ショップジャパン

 

★☆☆☆☆

騒音がするだけで風は20センチの距離しか届かない。

使い道無し!買うべきではない

出典:Amazon

卓上クーラーここひえR3の高評価の口コミは?

 

★★★★★

省スペース、省エネで涼しく調理が出来るので夏場の揚げ物も楽になりました。

出典:Amazon

 

★★★★★

寝るときに使ってます。

エアコンが苦手で扇風機もなかなかなれずにいましたが、こちらの商品が一番体に優しい感じです。

強くなく、優しい風が心地よいです。

朝に頭痛がしてたのがここひえを使ってから、頭痛がなくなりました。

ありがとうございます。

私にはぴったりです

出典:Amazon

 

★★★★★ 50代 男性

私は寝るときにベット頭上で使用しています。

いままでエアコンをかけて寝ておりましたが、起きた時に怠さが残るのと、一緒に寝ている人と温度感が熱い寒いで合わず、寝不足気味で悩んでいましたが、ここひえを使用してから悩みから解放されました。

気化熱利用なので、どうしても湿度は上がりますが、寝る数時間前からエアコンで除湿して、寝る間際にここひえに切り替えれば問題なく眠れます。

なんといっても避暑地で感じるような自然な風がここちよいです。

首振り機能がついて一点冷え過ぎも防げて言うことなしです。

全然涼しくないと言っておられる方がいらっしゃいますが、水がフィルターにいきわたっている間は本当に涼しいですよ。

こんなに冷えるのかと驚くレベルです。

正しく理解して使用すれば大変素晴らしい製品です!

出典:ショップジャパン

 

ここひえR3の低評価の口コミで圧倒的に多かったのが「音がうるさい」でした。

ファンの音がかなり大きく、気になる人が続出でした。

しかし、ここひえR4の口コミでは「音が静か」という口コミが見られました。

静音性を重視したい方は、最新機種のここひえR4をオススメします。

 

高評価で多かった口コミは「自然な風が心地よい」でした。

ここひえシリーズは「クーラーより優しい風」をイメージして作られています。

クーラーの風が強くて苦手という方には、ここひえシリーズの優しい風がおすすめです。

また、「よく冷える」という口コミが多くありました。

持ち運びも手軽で、涼しく過ごせるのは用途が広がります。

涼しさはここひえR3よりR4のほうがアップしています。

旧機種をお持ちの方は、買い替えの検討をしてみてはいかがでしょうか。

 

 

卓上クーラーここひえR4とR3の違いは?(新旧比較)

ここひえR3(旧機種)とR4(新機種)の比較を下の表にまとめました。

 

ここひえR3
ここひえR4
サイズ 約176 ×188 ×173mm 約190×201×175mm
重さ 約1.2kg 約1.5kg
騒音値(風量1) 42.3dB 39.1dB
風速 2.9m/秒 6.8m/秒
首振り角度 1段階 2段階
連続使用時間(※1) 最大9時間 最大11時間
消費電力(※2) 6w 4w
電気代

(1時間あたり)

0.16円 0.11円

※1 風量1で給水タンク1杯分の連続冷却可能時間(室温は約30℃、湿度は約60%の場合)

※2 風量4(強)・首振り運転なしの消費電力で1時間動作させたとき

 

サイズについて

旧機種より新機種のほうがややサイズ感がアップしています。

しかし、さほど気になるようなサイズアップではないです。

コンパクトで持ち運びしやすいことは、旧機種と変わらないと思います。

 

重さについて

サイズが少しアップした分、重さもやや重くなっています。

しかし、こちらも気にするような変化ではないと思います。

 

騒音値について

旧機種では「音が気になる」という口コミであふれていました。

音の問題で使用しなくなった方が多くいましたが、安心してください。

今回、新機種は「42.3dB」から「39.1dB」に良くなっています。

風量1では図書館レベルの騒音値になります。

寝室での使用も可能なレベルになりました。

 

風速について

風速も旧機種では不満が多い部分でした。

今回2.9m/秒から6.8m/秒に大幅アップしています。

本体を少し離すと風が届かないという不満点も改善されています。

 

首振り角度

旧機種では首振り角度は1段階のみでした。

新機種では2段階になり、よりお好みの角度に調整することができるようになりました。

 

連続使用時間について

風量1で給水タンク1杯分の連続冷却可能時間は、旧機種で最大9時間、新機種で最大11時間になります。

時間が2時間のびると、その分タンクに水を入れる手間も少なくなってラクになります。

 

消費電力について

風量4(強)・首振り運転なしの消費電力で1時間動作させたとき、旧機種は6w、新機種は4wになっています。

消費電力が抑えられていることで、より気軽に使用できるようになっています。

 

電気代について

1時間あたり、旧機種0.16円から新機種0.11円になっています。

電気代も下がっていることから、気兼ねなく連続使用ができるようになりました。

 

 

卓上クーラーここひえR4の特徴は?

ここではここひえR4の特徴について、まとめました。

ここひえR4は大きく6つ特徴があります。

①パワーアップした涼しさ
②静音性アップ
③首振り機能と風量調節
④持ち運びラクラク
⑤節電
⑥防カビ抗菌フィルター

 

一つずつ詳しく解説します。

①パワーアップした涼しさ

ここひえR4は特許を取得している冷却技術を使っています。

それは「気化熱現象」を利用したものです。

気化熱現象は、水が蒸発するとき、周りの熱を吸収して空気を冷やします。

その現象を利用することにより、すぐに涼しさを感じることができます。

ここひえR3と比べると、体感温度は約30%も低くなっています。

また、風の勢いもアップしています。

「サイクロンファン」を採用し、取り込んだ空気を一気に押し出します。

独自の構造により約2倍の速度で風を吹き出すことに成功。

ここひえR3よりも風の勢いが大幅アップしています。

少し離れたところに置くと風が届かない…ということもなくなります。

 

②静音性アップ

ここひえR3では、とにかく音がうるさいと言われていましたが、今回はしっかりと静音性にこだわっています。

比較表にもまとめていますが、改めて騒音値を表にまとめました。

ここひえR3 42.3dB
ここひえR4 39.1dB

※風量1の場合の比較

 

数値を見ていただくと、ここひえR4のほうが静かになっています。

風量1で使用した場合、図書館レベルの静かさです。

寝室で使用したい場合も、問題なく使用できるレベルです。

 

③首振り機能と風量調節

ここひえシリーズで初登場の「2段階首振り機能」。

首振りの角度は約30度(標準)と約70度(広い)に調整できます。

シーンに合わせてお好みの範囲をひんやりさせることができるようになりました。

また、風量の調節は4段階あります。

2段階の首振りと4段階の風量調節機能で、より自分好みの涼しさにできるようになりました。

エアコンの風では寒すぎると感じていた人も、ここひえでは心地よい冷たさを感じることができます。

ペットにも優しい涼しさになっています。

また、1時間、2時間、4時間のタイマー機能もついていて、とても便利です。

 

④持ち運びラクラク

卓上サイズなのでどこにでも置くことができ、持ち運びもラクラクです。

また、コンセントとUSBのどちらでも使用することができます。

コンセントが近くに無くても、「モバイルバッテリー」で使用できるところもうれしいポイント。

アウトドアでも活躍すること間違いなしです。

※モバイルバッテリーを使用する場合は、5Vで2A以上供給できるものを使用してください

 

⑤節電

エアコンと違い、冷やしたいところ部分的に冷やすから電気代がグッと抑えられます。

6畳タイプのエアコンの電気代と比較すると、約96%も節電になります。

これは、ここひえを風量4(強)・首振り運転なしの消費電力4Wで使用した場合の比較です。

電気代を気にせず長時間使用できるのはメリットです。

 

⑥防カビ抗菌フィルター

今回、ここひえの防カビ抗菌フィルターがパワーアップしました。

ここひえR3のときは、しばらく使用するとフィルターにカビが発生していました。

ここひえR4はしばらく使用しても、菌を抑制することができます。

長時間使用してもクリーンな風が続くため安心です。

 

ここひえR4の使い方やお手入れ方法は?

ここひえR4の使い方はとても簡単です。

①給水タンクに水を入れる

タンクは取り外し可能なので、水を入れるのはラクラクです。

②好きな場所に置く

コンセントがある場合は専用のアダプターを差し込んで使用します。

また、コンセントのない場所でもモバイルバッテリーで使用可能です。

自分のお好みの場所に置きましょう。

③スイッチオン

電源スイッチを押します。

お好きな風量、首振りのボタンを押します。

風量は電源スイッチを押す回数で1~4段階を選ぶことができます。

首振りは首振りスイッチを1回押すと標準に、2回押すと広くなります。

3.ここひえR4のお手入れ方法は?

ここではここひえR4のお手入れ方法について紹介します。

定期的なお手入れは4つあります。

 

①本体内部

②給水タンク

③防カビ抗菌フィルター

④フィルターカバーのネット

 

それぞれ詳しくみてみましょう。

 

①本体内部

防カビ抗菌フィルターと給水タンクを取り外します。

そして柔らかい布で汚れをふきます

 

②給水タンク

取り出して水で洗います。

汚れが気になる場合はボトルブラシでお掃除します。

 

③防カビ抗菌フィルター

異臭がしている場合、取り外して水洗いします。

ほこりが付着している場合は、綿棒で軽くこすります。(月1回を目安に)

※フィルターの交換は消耗品のため、1シーズンでの交換をオススメします

 

④フィルターカバーのネット

ネットについたほこりを、湿った布でふき取ります。

汚れがひどい場合は水洗いします。

 

 

卓上クーラーここひえR4がおすすめな人とは?

ここまで、新旧の比較をしながらここひえR4の口コミや特徴を確認してきました。

それをもとに、ここひえR4はどんな人におすすめかまとめてみました。

 

・就寝時に使用したい人(寝室)
・キッチンに立って料理をする人(キッチン)
・髪が長く、ドライヤーに時間がかかる人(脱衣所)
・在宅ワークをする人(リビングや書斎)
・キャンプや野外での活動をする人(野外やテント)
・小さいお子さんやペットがいる人

 

こう見ると、どんな場所でも使用できることがわかります。

設置型のクーラーのように、部屋全体を涼しくすることは難しいと思います。

しかし、どんな場所でも手軽に涼しくなれることが、ここひえR4の最大のメリットと言えます。

 

 

まとめ

口コミには

水の減りが早い
よく冷える、風が涼しい
持ち運びがしやすく便利
音が静か

 

などが多くありました。

 

旧機種のここひえR3との大きな違いは6つありました。

静音性
風速
節電
連続使用時間
2段階首振り機能
抗菌フィルターの性能

 

手軽に持ち運べてどんなシーンでも活躍すること間違いなしのここひえR4。

 

・ペットや赤ちゃんにも静かな優しい風で、寝冷えの心配がない

・アウトドアでもピンポイントでしっかり冷やせる

・ドライヤーをしているときや揚げ物をしているときでもひんやり

・足元ではなく顔を涼しくできるから女性にも安心

・エアコンとの併用でも電気代を気にせず使用できる

 

新しいクーラーの使い方をご家庭に取り入れてみませんか?

以上、卓上クーラーここひえR4についてまとめましたがいかがだったでしょうか。

購入するか悩んでいる方の参考になれば幸いです。

Amazonでお得に買う方法~Amazonチャージ~

Amazonでお買い物をするなら「Amazonチャージ」を使うと、お得に購入することができます!!

あなたのAmazonアカウントに、お近くのコンビニで現金をチャージすれば、チャージ金額に応じて最大2.5%のAmazonポイントがもらえます。

1回のチャージ額 通常会員 プライム会員
90,000円~ 2.0% 2.5%
40,000円~ 1.5% 2.0%
20,000円~ 1.0% 1.5%
5,000円~ 0.5% 1.0%

> 現金チャージでポイントが貯まるAmazonチャージについて詳しく見てみる(Amazonのページにジャンプします)

コメント

タイトルとURLをコピーしました