NIB3001とNIB2600の違いは?Nobbyテスコムのプロテクトイオンドライヤーの特徴や性能

TESCOMテスコム

自宅で「サロンのブローを再現してくれる」と評判の、プロフェッショナルプロテクトイオンドライヤー Nobby by TESCOMヘアードライヤー。

現在、NIB2600と上位機種のNIB3001が発売されています。

ほとんど見た目が同じ2機種なので、ぱっと見ではどのような違いがあるのかわかりません。

NIB3001とNIB2600の大きな違いは、以下の5つです。

  1. サイズ/重量
  2. 消費電力
  3. フィルター
  4. スイッチの種類
  5. 付属品

 

この記事では、2機種の詳しい違いやそれぞれおすすめの人、お手入れ方法などをまとめました。

ぜひ最後まで読んでみてください。

NIB3001

NIB2600

NIB2600-H テスコム ヘアードライヤー(アッシュ) Nobby by TESCOM ノビー プロフェッショナル プロテクトイオン [NIB2600H]

NIB3001とNIB2600(Nobby by TESCOM)プロテクトイオンドライヤーの違いを徹底解説

 

NIB3001とNIB2600は同じテスコムのプロテクトイオンドライヤーですが、NIB3001はNIB2600の上位機種になります。

NIB3001とNIB2600のスペックや違いを、表で比較してみました。

 

NIB3001(上位機種)

NIB2600

サイズ 高さ238mm×幅249mm×奥行95mm 高さ223mm×幅237mm×奥行87mm
重量(本体のみ) 800g 540g
カラー ブラック/アッシュ ブラック/アッシュ
消費電力 1300W 1200W
フィルター 高耐久フィルター 通常フィルター
スイッチの種類 ・風量切替スイッチ

OFF – SET – DRY – SPEED

・温度切替スイッチ

HIGH – MID – LOW – AUTO

・即冷スイッチ

OFF – ON (LOCK)

・風量切替スイッチ

OFF – SET – DRY

・即冷スイッチ

OFF – ON(LOCK)

搭載イオン プロテクトイオン プロテクトイオン
付属品 ・ケアドライフード

・交換用フィルター

・セットフード

・スタンド

・クイックコードバンド

・ケアドライフード

・交換用フィルター

価格※ 税込16,280円 税込10,778円

※価格は公式サイトによるもの(2022年3月現在)

Nobby by TESCOM公式サイト→https://www.forcise.jp/contents/nobby/

 

NIB3001とNIB2600の大きな違いは、以下の5つです。

  1. サイズ/重量
  2. 消費電力
  3. フィルター
  4. スイッチの種類
  5. 付属品

一つずつ詳しくみていきましょう。

 

①サイズ/重量

上位機種NIB3001は、NIB2600よりもサイズが大きく重量も重くなっています。

ドライヤーで800gというとかなり重い部類に入るので、女性や年配の方は負担に感じるかもしれません。

NIB2600はNIB3001よりも軽いですが、他の一般的なドライヤーと同じくらいの重さになります。

 

②消費電力

NIB3001の消費電力は1300W、NIB2600の消費電力は1200Wとなっています。

たった100Wの違いと思われるかもしれませんが、実は日本の一般家庭の洗面台のコンセントは、だいたい1200Wまでが使用範囲です。

1200Wのコンセントに1300WのNIB3001を使うことは出来ますが、ブレーカーが落ちたり差込口で発熱するおそれがあります。

 

③フィルター

本体吸込口のフィルターですが、NIB3001は従来機種よりも耐久性がUPしています。

ヘアドライヤーのフィルターは、ドライヤーを効率よく運転させるために重要な部品です。

NIB3001はより丈夫なフィルターを使用することで、NIB2600よりも長く安全に使えるようになりました。

 

④スイッチの種類

 

・風量切替スイッチ

NIB3001には「SPEED」モードがあります。

この「SPEED」モードは非常にパワフルで、サロンなどのプロが使用しているドライヤーのような風量です。

NIB2600も十分風量はありますが、一般的なドライヤーと同じような風量となっています。

 

・温度切替スイッチ

NIB2600には温度切替スイッチがありません。

髪を乾かす時は、根元から毛先に行くにつれて温度を下げながら乾かすと髪が傷みません。

NIB3001の「HIGH – MID – LOW – AUTO」モードを使い、乾かす箇所に応じて温度設定をすることでキューティクルを保った美髪を手に入れることが出来ます。

・即冷スイッチ

NIB3001とNIB2600共通のスイッチとなっています。

 

⑤付属品

NIB3001にのみ、

・セットフード

・スタンド

・クイックコードバンド がついています。

 

セットフードは髪をセットする時に便利なように、先端が絞られた形状をしています。

普段ヘアドライヤーでヘアセットをする方であれば、嬉しい付属品です。

スタンドは、ドライヤーを設置してハンズフリーで髪を乾かせるものです。

ロングヘアの方やペットのシャンプー後に使う場合、非常に重宝します。

 

NIB3001とNIB2600の共通の特徴は?

 

NIB3001とNIB2600に共通する、うれしい特徴をご紹介します。

 

①静電気低減プロテクトイオン

 

プロテクトイオンを放出し、傷んだ髪の広がりを抑制します。

プラスとマイナスのイオンを同時に出すことで、髪の広がりの原因となる静電気を抑制します。

また、イオンの働きで髪のツヤもUPすることができます。

 

②ケアドライフード

 

 

付属品の一つとして、ドライに便利なテスコム独自のケアドライフードがついています。

このケアドライフードは、熱を一点に集中させることなく、まんべんなく温風を髪にあてます。

このようなプロの美容師の手技をケアドライフードで再現することで、髪にダメージを与えることなくやさしく乾かします。

 

③ラク抜きプラグ

 

 

電源プラグにレバーを付けることで、コンセントから簡単に抜けるようになっています。

意外と電源プラグやコード内の断線が故障の原因となることが多いので、このラク抜きプラグでより長く安全に使うことができます。

 

 

NIB3001ドライヤーをおすすめの人は?

TESCOMテスコムヘアドライヤーNIB3001をおすすめの人は、

  • とにかく早く髪を乾かしたい
  • 温度切替を使い、こだわって髪を乾かしたい
  • スタンドを使って髪を乾かしたい

 

NIB2600の上位機種だけあって、NIB2600にはない部分が魅力的です。

特にNIB3001の風量は他のドライヤーにはない強味ですし、スタンドは髪の長い方や小さいお子さんの髪を乾かすのにおすすめです。

 

NIB2600ドライヤーをおすすめの人は?

 

TESCOMテスコムヘアドライヤーNIB2600をおすすめの人は、

  • 価格をおさえて業務用ドライヤーがほしい
  • NIB3001では、本体が重すぎる
  • 使うコンセントが1200W対応

 

NIB3001と比べて消去法で選ばれがちではありますが、NIB2600単体で見ても非常に優秀なドライヤーとなっています。

価格、サイズ感、機能面でみても、「ちょうど良い」ドライヤーです。

 

 

ドライヤーを使う際の注意点とお手入れは?

 

NIB3001とNIB2600を使う時の注意点や、お手入れ方法を確認してみましょう。

 

<注意点>

・フィルター/フィルターカバーを外して使用しない

乾かしている途中で髪の毛が巻き込まれたり、火災や故障の原因となるおそれがあります。

専用フィルター以外を使うのもやめましょう。

・(NIB3001の場合)「AUTOモード」時はプロテクトイオンは作動しない

プロテクトイオンは、NIB3001のAUTOモード時には作動しないようになっています。

また、使用する環境や髪に帯電している静電気が少ない場合は効果が現れにくい時もあります。

・(NIB3001の場合)付属のスタンドは平らな場所で使うようにしましょう

 

<お手入れ>

〇本体のお手入れ

汚れは、乾いたやわらかい布でふき取ります。

汚れが落ちにくい場合は、水で薄めた中性洗剤か石鹸水にやわらかい布をひたし、良く絞ってからふき取ります。

 

〇フィルター/フィルターカバーのお手入れ

 

 

温風が熱くなってしまったり髪がこげるおそれがあるので、月1回以上お手入れしてください。

本体からフィルターとフィルターカバーを取り外し、カバーはやわらかい布で汚れをふき取ります。

フィルターはホコリなどを軽くたたいて落とすか、水で押し洗いしてよく乾燥させてから取り付けます。

 

 

NIB3001とNIB2600の違いまとめ

 

プロ仕様ドライヤーとして大人気の、NIB3001とNIB2600。

この2機種の主な違いは、以下の5つでした。

 

  1. サイズ/重量
  2. 消費電力
  3. フィルター
  4. スイッチの種類
  5. 付属品

 

サイズ/重量、消費電力はNIB3001の方が大きく、NIB2600よりも若干使う場面を選びます。

しかし豊富なモードや耐久性のUPしたフィルター、付属品の豊富さはNIB3001の方が便利で、その分が価格にあらわれています。

それぞれの機種でおすすめの人がわかれるので、ぜひご自分のライフスタイル等に合った機種を選んでみてください。

プロ仕様のドライヤーで毎日快適に髪を乾かし、気分をUPさせましょう。

NIB2600-H テスコム ヘアードライヤー(アッシュ) Nobby by TESCOM ノビー プロフェッショナル プロテクトイオン [NIB2600H]
リファ(Refa) ビューテック ドライヤーの口コミは?MTGは髪にどれだけ優しいかもしっかり確認
リファ(Refa) ビューテック ドライヤーの口コミを確認すると、アウトバストリートメントなしでも、乾かすだけでうるサラに仕上がる、たったの1日で毛先の広がりが落ち着いたなど高評価なものが多数ありました。この記事ではリファドライヤーの実力、使い方を徹底確認します。
パナソニックEH-NA0Gヘアドライヤーナノケアの口コミは?乾燥から肌を守ってくれる効果も?
パナソニックEH-NA0Gヘアドライヤーナノケアの口コミを確認すると、スカルプモードを使用すると適度な温度で、汗だくで乾かすことがなくなった、コンディショナーのみの日でもトリートメントを使った日のような艶とまとまったとのお声がありました。この記事では効果をしっかりそのあたりをまとめましたので、ぜひ最後までお読みください。
kinujo(絹女)キヌージョのドライヤーの口コミは?実際に使った人の感想をしっかり確認。効果的な使い方も
kinujo(絹女)キヌージョのドライヤーの口コミを確認すると、風量がすごすぎて髪がからむ、早く乾くけど髪がバサバサした、本体が軽い、乾く時間が半分になったなどのお声がありました。まず見た目のデザインがスタイリッシュで、かっこいいのが特徴ですが、きちんと使い方を確認すれば髪のツヤやまとまりもしっかりできます。
IB-WX2とIB-WX1の違いは?シャーププラズマクラスタードライヤー人気アイテムを徹底調査
IB-WX2とIB-WX1の違いはは大きく5つあります。シャーププラズマクラスタードライヤーの中でも人気機種をしっかり比較してみました。イオンがしっかり髪をコーティングしてくれるので、ドライヤーするだけで髪がしっとりツヤツヤになるドライヤーです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました